Committee

  • 副委員長
    上田 大輔
  • 委員長
    渡辺 誠一
  • 副委員長
    森田 慎太郎

アカデミー委員会は1976年に設置されて以降、富山JCに入会する会員が必ず配属される委員会であり、新入会員が正会員になるまでの半年間を担い、責任が非常に重大な委員会です。半年間JAYCEEとしての基礎知識を学ぶと共に富山JCの歴史や伝統に触れてもらい、そして富山JC会員としての誇りを伝え、更には自分にしかもてないイメージを描いて今後の富山JCを牽引していける会員になるよう導いていく必要があります。

当委員会では、まずは新入会員の資質向上を図るため、新入会員にJC運動の意義、JAYCEEとしての心構えや必要な基礎知識を学ぶ場として、新入会員研修プログラムを実施し、JCのことだけでなく青年経済人として様々な場面で活かせるスキルを身に付けていただきます。そして、富山JC会員であることの誇りや志を感じていただくためにシニア会員をお招きしての研修を実施し、富山JCの歴史と伝統に触れていただき更にはシニア会員とのより強い絆にもつなげます。更に、JCがもつスケールメリットを体感してもらうために、全国の志を同じくするJAYCEEが一堂に会する日本JCの各大会や北陸信越地区、一県一青年会議所の設立精神が脈々と宿る富山ブロック協議会の各事業に積極的に参加していただき、自身の今後のJCへの意欲を高めていただきます。また、自分のためではなく誰かのために何かをすることで得られる達成感や自信、大切さを感じることができるよう新入会員による交流事業を実施し、その中で事業構築の難しさや背景・目的の重要性、仲間を信じる尊さを学び、現役会員や同期の仲間との絆につなげていきます。

半年間という限られた期間の中で多くの新しい出会い、多種多様な気づきや学びを得ることは自分自身の成長はもちろんのこと、誇りをもったJAYCEEとして今後の富山JCや地域のリーダーとなり誰もがいきいきと暮らせるまち、とやまの創造につながります。

私たちの事業計画

  1. 1全国大会富山大会の歴代会頭会議の実施に向けた検討及び実行委員会への引継ぎ
  2. 2新入会員の研修事業の実施・検証
  3. 3現役会員・シニア会員との絆を育むための交流促進
  4. 4新入会員の更なる成長につながる機会の提供及びサポート