Committee

会員の絆委員会
  • 副委員長
    室 正宏
  • 委員長
    角内 太朗
  • 副委員長
    源 和之

富山JCはとやまの発展を願い65年の活動を行ってきました。その積み上げられてきた歴史や想いを引き継ぐ会員一人ひとりのつながりを強固にしながら、全国大会へ向けての歩みを加速させ、会員が一体となって活動していく必要があります。全国大会を次年度に控える今こそ、改めて絆を育くむ機会を大切にし、切磋琢磨できる関係性を深めながら、具体的なイメージを持って更なる富山JCの活動の発展につなげていくことが大切です。

当委員会では、まずは、富山JCの会員の絆を育むために日本青年会議所主催の各種大会にてLOMナイトを開催します。県外で多くの会員が一同に介する場にて、杯を交えながら時間を共有することで会員間の交流を深め、LOM活動での強固なつながりに結びつけていただくと共に、富山JCを代表して活動を行っている出向者への労を労い、活動への意欲を高め、出向活動に邁進していただくことで、富山JCの活動の発展につなげます。そして、とやまの魅力を世界に発信するためにJCI主催の世界会議・ASPACでのブース出展を行います。新たな出会いや友情をもつ機会を設えると共に、その地まで赴く会員が大会成功の一助となるよう協力し、互いに絆を強固にしていくことで全国大会への歩みを加速させていきます。更には、日々の活動への具体的なイメージを持っていただくために、メールマガジンを定期的に配信します。委員会活動や事業の聞き込こみを行い、活動に寄り添った情報提供を行うことで、情報ツールとしてだけではなく、切磋琢磨できる関係作りツールとしても活用していただき、富山JCの活動の発展と推進につなげます。

熱き情熱を引き継ぐ私たちが果敢に活動に挑戦し続ける中で生まれる絆は組織の一体感を生み出します。結束力を高めた組織の一人ひとりの行動がまちの原動力となり、未来のイメージを持った活動が、誰もがいきいきと暮らせるまち、とやまの創造につながります。

私たちの事業計画

  1. 1全国大会富山大会の大懇親会の実施に向けた検討及び実行委員会への引継ぎ
  2. 2日本青年会議所主催各種大会におけるLOMナイトの実施
  3. 3JCI主催各種大会へのブース出展の企画・実施・検証
  4. 4メールマガジンの配信