Committee

  • 副委員長
    中村 国雅
  • 委員長
    稲田 祐己
  • 副委員長
    島田 薫

富山JCの運動・活動は、行政や多くの関係諸団体と1,000名近いシニア会員・家族の支援・協力に支えられています。2019年に第68回全国大会富山大会を控え、私たちはつながりをもつ人々との結びつきを強め更なる理解や協力を得ながら絆を強固にし、より一体感のある強い組織にしていかなければなりません。また、日頃の運動・活動に対する理解と協力を示し、支えてくれている家族に感謝の気持ちを伝える必要があります。

当委員会では、まずは、シニア会員をはじめ行政や多くの関係諸団体の皆様からご支援と連携などの協力関係を含む結びつきを強くするために、ご来賓やシニア会員に対して2018年度の私たちの運動・活動に対する想いや意気込み、日頃からの感謝と敬意を伝えることができる新年祝賀会を開催することで更なる相互理解と信頼関係を深め、絆を強固にします。そして、私たちの運動・活動に対し最大のご理解とご協力をしてくださっているシニア会員との絆をより強くするために、世代を超えて親しまれ1日という時間を同じ目的やルールを共有しながらお互いをより知ることができるゴルフを通じた交流事業を開催し、この事業をきっかけとした新たな出会いや気づきや学びを生むことで、私たち現役会員とシニア会員との結びつきを強くします。更に、私たちが富山JCの運動・活動をより積極的に取り組むことができるようにするために、日頃から支え協力してくれている家族に対し私たちが心からの感謝の気持ちを伝え楽しんでもらえる交流事業を開催し、子どもや家族みんなが笑顔になる時間をつくることで私たちと家族との結びつきを強くします。

2018年度、私たちはつながりをもつシニア会員、行政や多くの関係諸団体関係者・家族との結びつきを強め、絆を強固にし、JCの運動・活動に積極的に取り組み更に一体感のある強い組織となり、誰もがいきいきと暮らせるまち、とやまの創造につながります。

私たちの事業計画

  1. 1全国大会富山大会の式典の実施に向けた検討及び実行委員会への引継ぎ
  2. 22018年度の富山JCの方向性を示す事業の企画・実施・検証
  3. 3現役会員とシニア会員との絆を強固にするための交流事業の企画・実施・検証
  4. 4会員が家族に感謝の気持ちを伝えるための交流事業の企画・実施・検証