Committee

まちづくり特別委員会
  • 副委員長
    金谷 壮一朗
  • 委員長
    角内 太朗
  • 副委員長
    河本 拓也

とやまには多くの市民がまちづくり活動に関わっていますが、行政やまちづくり諸団体との連携や、それぞれの強みを活かしたまちづくり運動までの広がりをみせているとはいえません。私たちは、まちづくり活動をより広く展開できるネットワーク作りの一翼を担い、市民を巻き込みながら、まちづくり運動・活動の活性化とまちづくりに取り組んでいるひとやまちづくり諸団体の活動をより結びつけていく必要があります。

当委員会では、まずはとやまの市民にまちづくりに対しての意識を醸成してもらうために、まちのために活動するひとや諸団体をさらに発掘し、活動への想いや活動に触れてもらうことで、まちづくりに関わるひとたちの活動の認知度向上や活動自体の活性化に繋げてもらいます。そして、市民が主体的にまちづくり活動に関わることの重要性を理解してもらうために、市民を巻き込んだ活動発信の場を設えることで、幅広いまちづくり活動の展開に繋げていきます。さらに、市民のまちづくりに対しての参加・参画意識を醸成するために、これまでの富山JCが積み重ねてきたまちづくり事業の経験を活かし、多くの市民や団体、行政を巻き込んだ事業を設えることで、新しい価値感を見出し、広がりをもった有機的なネットワークを構築します。また、それぞれの強みとネットワークを活かしたまちづくり運動・活動が今後も展開されていくまちとなるために、富山JCがまちづくり運動・活動のけん引役や調整役としての役割を共に活動しながら担うことで、多くの市民や、まちづくりに取り組んでいるひとやまちづくり諸団体の可能性をさらに広げていきます。

市民や諸団体、行政がそれぞれの強みを活かしたまちづくり運動が、市民のまちづくりに対するさらなる意識の醸成が、主体的な役割を担う市民をより一層増やし、まちづくりの活性化の好循環が、ひいては一人ひとりの個性が輝くまち、とやまの実現に繋がります。

私たちの事業計画

  1. 1まちのために活動している人たちを発掘する事業の企画・実施・検証
  2. 2ひとや組織と連携し、個人の可能性を広げるまちづくり事業の企画・実施・検証
  3. 3まちづくり諸団体との関係の構築及び連携推進窓口