Committee

メンバーシップ醸成特別委員会
  • 副委員長
    東 孝聡
  • 委員長
    坂本 智志
  • 副委員長
    松原 隆行

 かつて、まちづくりは都市計画の名の下に行政主導で進められるものと考えられてきましたが、本来まちづくりとはそこに住み暮らす市民一人ひとりの地域(まち)をより良くしようとする主体的行為であるはずです。しかし、まちづくりとは何か、自分には何が出来るのかを考える機会は少なく、それが関心を低下させる原因の一つでもあり、市民が住み暮らす地域(まち)だからこそ、そこに住む市民が自ら考え実行できる機会を創出しなくてはなりません。

 当委員会では、まずは市民のまちづくりに対する参画意識を醸成するために、2012年に富山市との間に結んだ「とやままちづくりパートナーシップ協定」によって構築してきた協力体制のもと自ら住み暮らす地域(まち)のことを真剣に討論する市民討議会を開催し、地域(まち)のことを想い自分には何が出来るのかを考えるきっかけとすることで、今後のまちづくりに対する意識変革へと繋げます。そして、まちづくり諸団体やまちづくりの意識をもって運動・活動している市民の発信力を高めるために、JCが両者間の連携を推進する窓口となり、共に運動・活動を行える関係を構築することで、まちづくりにおける相乗効果を生み出し、それぞれの運動・活動における影響力を高めて地域(まち)の活性化を図ります。さらに、まちづくりに対して市民一人ひとりに役割があるという意識をもっていただくために、行政、まちづくり諸団体、市民と協力を図りながら、市民が主体となって考え実施できるまちづくり事業を企画・実施・検証し、事業を通じて市民のまちづくりに対する認識を変え、今後も市民が主体的に行動していける永続的なまちづくり運動・活動へと繋げます。

 まちづくりに対する市民の意識が変わり、行政や諸団体を含む一人ひとりの市民の行動が地域(まち)に良い変化をもたらし、地域(まち)の魅力はさらに高まり、市民が主体で行なう活発で永続的なまちづくり運動・活動は、笑顔あふれる地域(まち)、より良いとやまの実現に繋がります。

私たちの事業計画

  1. 1市民討議会の企画・運営
  2. 2まちづくり諸団体やまちづくりの意識をもって活動している市民との関係構築及び連携推進の窓口
  3. 3まちづくりに対して市民のメンバーシップを醸成する事業の企画・実施・検証