Committee

総務委員会
  • 副委員長
    笹山 紘章
  • 委員長
    髙野 純
  • 副委員長
    河本 拓也

富山JCは設立以来、明るい豊かな社会の実現を目指していつの時代も様々な困難や課題に対し真剣に向き合い運動や活動を行ってきましたが、これからも時代に適合する健全で信頼される組織を目指して積極的に組織改革を続けていかなければなりません。各委員会の事業が構築される過程の積極的・能動的なサポートや、慣例事項を見直して新たな取り組みを模索するといった、自分たちの組織のあり方や運営方法を見直す必要があります。

当委員会では、まずは理事会などの諸会議を堅実に運営するために、議案上程スケジュールの確実な周知や正確な会場設営を徹底することで、威厳ある緊張感に満ちた会場の雰囲気をつくりあげます。そして、議案上程された事業計画をより質の高いものとするために、会議終了後の迅速な議事録の作成及び配信を徹底し、担当委員会が会議で出た意見や質問に対しスムーズに対応できる一助とします。更に、LОMの運営に関して迅速で効果的な情報発信を行うために、各委員会と連携して依然として紙媒体が中心の定発業務を見直し、電子メールやWebアプリケーションを活用していくことで、全会員が場所を選ぶことなく正確に情報共有できる環境を構築します。また、現役会員やシニア会員のデータベースを情報の紛失や人的な入力ミスを防ぎ確実に管理するために、書式の電子化を更に推し進め、富山JCの財産として有効活用できるように運用していきます。そして、富山JCの事業を客観的に評価していただくために、JCIや日本JCへのアワード申請の窓口となり、価値ある取り組みを次代へ引き継ぎ、より必要とされる事業構築につなげます。

一人ひとりが現状に対する問題意識を常に持ち、より良い組織の姿をイメージし、積極的に組織の改革に取り組んでいくことで、富山JCがまちから必要とされるより健全で信頼される組織へと進化し、誰もがいきいきと暮らせるまち、とやまの創造につながります。

私たちの事業計画

  1. 1全国大会富山大会に向けた日本JC理事会及びブロック会長会議の実施に向けた検討及び実行委員会への引き継ぎ
  2. 2全国大会運営会議現地調査並びに対話集会の運営
  3. 3各諸会議の設営及び運営と事務局運営
  4. 4電子資料の運営及び管理、基本資料の作成、シニア会員データベースの管理、その他庶務全般
  5. 5JCI及び日本JCの各種申請窓口