Committee

財務・規則特別委員会
  • 副委員長
    谷内 肇
  • 委員長
    金谷 壮一朗

2003年に財政特別委員会が新設されてからこれまでの間、当委員会では会の運営を財政面から審査・サポートしており、2012年からは公益社団法人として公益性のある事業の実施に向けた正しい会計処理と、コンプライアンスの周知徹底に努めてきました。これからもまちや市民からの負託と信頼に応え、公益性と透明性に優れた組織として、財務の健全性を保つように努め、より良い形での組織の運営を模索していく必要があります。

当委員会では、まずはコンプライアンスの周知徹底を行うために、財務・規則に関するマニュアルを作成・配布することで、各委員会がより精度の高い事業を構築できるよう支援します。そして、各委員会の事業計画における会計が適正であるかを審査するために、財務・規則審査会議を開催し、予算・コンプライアンスの両面から各委員会の運営をサポートします。更に、この会議体を質の高い公平・公正で有意義な審査の場とするために、各委員会に議案の上程スケジュールの厳守を依頼し、高いレベルで議論が展開される環境を整えます。また、富山JCが公益社団法人として公益目的事業比率を達成するために、各委員会の事業が公益目的事業に該当しているかを詳細にチェックし、社会に求められる事業展開への一助とします。そして、今後も富山JCが公益社団法人として公益性と透明性に優れ、財務の健全性が保たれた組織として社会から信頼を獲得し続けるために、他の都道府県における財務的・コンプライアンス的な判断基準を可能な限り調査し、私たちがこれまで受け継いできた富山JCの組織運営や事業のあり方を見つめなおす一助とします。

会員一人ひとりの自覚の上で財務の健全性を維持することは、公益法人として外部からの信頼や支援を得やすい環境が整えられることにつながり、そこから生まれるより高精度で質の高い事業の実現が、誰もがいきいきと暮らせるまち、とやまの創造につながります。

私たちの事業計画

  1. 1全国大会富山大会に向けた概算予算の策定及び実行委員会への引継ぎ
  2. 2財務・規則審査会議の設営及び運営