【まちコレ2016とやま和食の祭典~伝えたくなる食の感動~のご報告】

9月11日(日)に開催いたしました「まちコレ2016とやま和食の祭典~伝えたくなる食の感動~」に御協力・御参加頂いた皆様大変ありがとうございました。皆さまのお力添えのおかげをもちまして事業を無事成功裏に終えることができました。


 今年で5回目となるまちコレ2016ですが、今回は昨年に引き続き、とやまの数ある魅力の中から食にクローズアップしとやまの魅力を多くの市民の方に発信させて頂き、グランドプラザの会場に約12,000名以上の富山市民の方々に参加していただきました。
富山の人気和食店6店舗の職人が集まり、富山馴染みの厳選食材を用いた1日限りのオリジナルメニューを提供していただきました。また鱒の寿司ブースでの12店舗のます寿司の食べ比べは開店前から行列になり、2400個余りを完売しました。県内中の地酒や地ビール、県産ワインも勢ぞろいし、ソフトドリンクとして提供したブラックサイダーや富山の水とともに大盛況となりました。また、生産者にもクローズアップしたいという思いで、意欲的な農業者によるマルシェブースでは、新しい富山の食の可能性を発信しました。これらは各種団体の方々が富山の魅力を発信したいと思う並々ならぬ気持ちがあったからこそだと思われます。
また、食材の違いをダイレクトに感じていただくために、富山の厳選食材と、他県産の食材とをシンプルに食べ比べるブースについても、完売することができました。
今回ゲストとしてお招きした地域食文化のエキスパート金丸弘美氏と、地元で活躍する内田もも香氏、Tomomi氏の両者を交えたパネルディスカッションでは、富山の食が持つ魅力と、可能性について語っていただき、多くの市民に改めてとやまの魅力を感じていただけたと思います。


富山青年会議所では、来年以降も、地域に愛され、多くの市民の方々にお越し頂ける事業を企画・開催していきたいと思います。この度参画していただいた皆様並びにご参加いただいた皆様本当にありがとうございました。

活動報告一覧