Committee

アカデミー委員会
  • 副委員長
    中曽根 聡
  • 委員長
    松原 悠大
  • 副委員長
    福井 康佑

 富山青年会議所が70年にも亘り運動・活動を展開できたのは、地域(まち)の青年経済人が自己成長や多くの出会いを求めて入会し、そこで出会った仲間と共により良い地域(まち)に向けて挑戦し続けてきたからだと考えます。志高く入会する新入会員に、富山青年会議所の歴史や伝統に触れる機会から富山青年会議所の誇りを感じてもらい、出会う仲間たちとの強い絆をつくることで、今後の組織を牽引する存在になってもらうことが必要です。

 当委員会では、新入会員の資質向上を図るために、青年経済人としての基本的なルールを再確認しながら会員としての心構えや必要な基礎知識を学ぶ新入会員研修プログラムを実施することで、正会員昇格後も前向きに運動・活動に参加する姿勢に繋げます。そして、シニア会員との関係構築を行なうために、シニア会員をお招きした研修会を開催し歴史や伝統を伝えていただき、その後の交流を促します。また、今後の青年会議所活動への意欲を高めるため、JCI日本や、北陸信越地区協議会、富山ブロック協議会が運営する各大会や事業に積極的に参加していただくことで、青年会議所がもつスケールを感じていただきます。更に、新入会員により幅広い学びを得てもらうために、富山ブロック協議会と連携しブロックアカデミーとカリキュラム分担することで、新入会員の育成効果を高めます。そして、共に何かをやり遂げる達成感を感じてもらうために、新入会員が主体となって会員交流事業を実施することで、現役会員との円滑なコミュニケーションや、共に困難を乗り越えやり遂げるからこそ生まれる自信と同期との強い絆に繋げていきます。

 半年という限られた時間の中で一つひとつの機会を大切にし、仕事では得られない多様な気づきや学びを得ることは、自分自身の向上のみならず、その周囲の人々にも伝播し影響しあうことで好循環が生まれ、その好循環が希望あふれる地域(まち)の未来に繋がります。

私たちの事業計画

  1. 1青年経済人として、また、会員として成長できる新入会員研修事業の実施・検証
  2. 2現役会員・シニア会員との絆を育むための交流促進
  3. 3新入会員の成長に繋がる機会の提供及びサポート
  4. 4富山ブロックアカデミー事業との連携構築