Committee

財務・規則・渉外委員会
  • 委員長
    松原 隆行
  • 副委員長
    竹原 靖貴

 富山青年会議所は公益社団法人として10年目を迎えるまでの間、会員一人ひとりがコンプライアンスを遵守し、公益性のある事業の企画・実施・検証を行い、地域(まち)や市民の信頼に応えてきました。今後も当委員会が先頭に立って公益社団法人としての役割や取り組み方と向き合い、公益性に優れた組織として財務の健全性と透明性を保ち、コンプライアンスを遵守するとともに、LOM外との接点から多くの学びや気づきの機会を活かすことで、個人の成長・組織の成長に繋げ、地域(まち)や住み暮らす市民に選ばれる組織を目指す必要があります。

 当委員会では、財務の健全性と整合性を保持するために、財務・規則マニュアルを作成し説明・配布を行うことで、会員の新たな学びや気づきを得られる機会を創出します。また、各委員会の事業計画における財務の健全性やコンプライアンスを審査するために、財務・規則審査会議を開催し、公益性と透明性に優れた事業が構築できるようサポートします。そして、各事業において助成金や外部協賛金の導入を視野に入れ、運用に関する調査を行い、富山青年会議所がより質の高い事業を展開できるよう支援します。今後も時代の変化と向き合うことのできる組織であり続けるために、JCI日本主催の各種大会に参加し外部の学びを経験するとともに、LOMナイトを実施することで出向者を称え、今後の出向先での活動意欲向上に繋げます。また、有益な意見交換の場を創出するために、北陸3県都LOM会議や他LOM等との窓口を行い、より効果的なJC運動・活動に発展させます。そして、私たちのJC運動・活動を次年度以降の記録として残すために、JCレポートを発刊し、今後のJC運動・活動の広がりに繋げます。

 公益社団法人として健全な財務運営を維持するとともに、コンプライアンスを遵守することは、外部からの信頼や支援を得やすい環境が整えられます。更に、多くの学びや気づきから得られた個人の成長・組織の成長がより効果的な事業の実現に繋がり、富山青年会議所が地域(まち)や住み暮らす市民に選ばれる組織として未来へと紡がれていきます。

私たちの事業計画

  1. 1財務・規則審査会議の設営及び運営
  2. 2JCI日本主催の各種大会でのLOMナイトの開催
  3. 3北陸3県都LOM会議、他LOM等との窓口
  4. 4JCレポートの企画・発刊

Topics

新入会員募集中

JCI富山では、私達と一緒に活動してくれる会員を募集しております!

詳しくはこちら