Committee

次世代育成委員会
  • 委員長
    増村 敏郎
  • 副委員長
    岩田 英助

 近年の子どもたちは、技術発展によって多くの情報を得られるようになり、多様な生き方を考えられるようになりました。その多様な生き方から将来像を思い描き、高校や大学などの進路を考え何かに取り組もうとするとき、実体験を経て具体的な課題や取り組み方を明確にすることが重要です。子どもたちが将来像を自由に思い描き、可能性を信じて成長し続けるための機会を提供する必要があります。

 当委員会では、子どもたち自身がもつ可能性を感じてもらうために、世の中の職業が自分たちの身近なモノ・コトにどのように関わっているのかについて学ぶ機会を提供し、夢や目標に向けた具体的な取り組み方を知ることで、思い描く将来像に歩みを進める意識を高めてもらいます。そして、子どもたちが可能性を信じて行動できるようになるために、将来について考え、その実現に向けて何が課題になるかを考え計画し実践する機会を提供し、設定した課題を解決し目標達成に向けて行動し物事を完結させるという体験を経て、何をすべきか自ら考え行動することの重要性を知ってもらいます。また、子どもたちが夢や目標に希望をもてるように、会員から多種多様な職業について伝える事業を実施し、将来に向けての歩みを加速させます。更に、「わんぱく相撲富山場所」を窓口となって開催し、相撲を通して子どもたちに心身の鍛錬や礼を学ぶ機会を提供するとともに、目標に向かって努力することの大切さや、日々の努力を経て得られる成果は掛け替えのないものであるということを知ってもらいます。

 自身の可能性を広げ、目標に向けて行動できるようになった子どもたちは、いきいきと夢を思い描けるようになります。そして、そのような子どもたちは、更に次の世代から目標とされる人となり、好循環が生まれ、ひいては希望あふれる地域(まち)の未来に繋がります。

私たちの事業計画

  1. 1自分の可能性を信じて行動できる次世代を育成する事業の企画・実施・検証
  2. 2学校訪問プログラムの企画・実施・検証
  3. 3わんぱく相撲の窓口