Committee

まちづくり委員会
  • 委員長
    奥村 祐平
  • 副委員長
    川岸 広宜

 私たちが住み暮らす地域(まち)は、行政やまちづくり団体が中心となってまちづくりが行われてきました。しかし、社会や生活環境の変化により生活様式が多様化し、地域課題がますます複雑になっていく現状において、行政やまちづくり団体に頼ったまちづくりだけでは対応が難しくなっています。誰もが暮らしたい地域(まち)の実現のために、市民がそれぞれの理想を持ち、地域(まち)に向き合い、誰もが能動的にまちづくりに参加できる環境を創る必要があります。

 当委員会ではまず、会員がこの地域(まち)の現状を知るために、とやまのまちづくりの歴史、限りある資源を学び、それぞれ自分の理想とする地域(まち)から何が足りないのかを認識することで、まちづくりに対する意識を高めます。そして、まちづくりにおけるそれぞれの立場や考え方を理解するために、行政やまちづくり団体と連携が図れる体制を構築し、有機的で継続できる結びつきを創出します。更には、会員と行政、まちづくり団体が、まちづくりに対する考えを深め、まちづくりを活性化させるために、参加者がそれぞれの理想の地域(まち)を話し合い互いに影響しあえる場を創出する事で、まちづくりへの意欲をより高めます。また、市民のまちづくりへの参画意識を醸成するために、市民討議会を開催することで、市民一人ひとりが理想とする地域(まち)を考え、それぞれの理想を実現できるまちづくり事業に繋げます。更に、市民のまちづくりに対する認識を変え市民が主体的に行動するきっかけをつくるために、行政やまちづくり団体、企業と協働し、市民が参加しやすいまちづくり事業を行うことで、市民に誰もがまちづくりに関われることや自分に出来ることを認識してもらいます。

 地域(まち)に向き合い、行政やまちづくり団体と協働し発信力を高めることで、誰もが参加しやすいまちづくりの環境を整えます。多くの市民が地域(まち)の理想を考え、能動的にまちづくり参加し、誰もが暮らしたい地域(まち)を実現していくことでこの地域(まち)が未来へと紡がれていきます。

私たちの事業計画

  1. 1地域(まち)と向き合うための事業の企画・実施・検証
  2. 2地域(まち)の人と共に魅力を発信するまちづくり事業の企画・実施・検証
  3. 3行政やまちづくり団体と関係を構築する活動

Topics

新入会員募集中

JCI富山では、私達と一緒に活動してくれる会員を募集しております!

詳しくはこちら